私の想い

私の想い

2019年11月


食べること、お料理を作ること、そしてマクロビオティックの暮らしを伝えてきて20年。

様々な体験をして私の暮らし方も随分と変化してきました。

こだわった生き方から、ナチュラルな生き方へ

概念的な生き方から自由な生き方へ

そんな感じがしています。

マクロビオティックという自然の摂理を学び、はじめはその素晴らしさを皆様に伝えたいと思い定義を

守ることの責任を感じ伝えてきました。

気がついた時・・・そこに、毎日の暮らしから少しかけ離れた世界を作り上げていたように思ったのです。


大切なことは人が健康にそして平和な心で暮らすこと。

暮らしと自然の摂理がどうやったら結ばれていくかです。

特別な事としてではなく当たり前のこととして、自然を暮らしの中に取り入れる方法。

100人の人がいれば100人の暮らしかたがあっていい。


だから・・・・マクロビオティックの感じ方も取り入れかたもいろいろあっていいのだと・・・。



だけど想いはひとつ。


あなたがあなたらしく生きるために知っておくととってもお得な情報。

それがマクロビオティックが教えてくれている自然の摂理なのです。

その摂理を学んだら、あなたの暮らしにどんな風に取り入れるのか、

それは自由です。


「大きな視野でものを考えて見る。」

「自然の摂理を理解してみる。」


そして未来に素敵な地球をつなげるために何をするのかを選択する一人一人でいられるように・・・。

そんな想いをこめたコンテンツをこれからとして発信し続けようと思います。


それができるのも20年間マクロビオティックの暮らしをかさねたからこそと思っています。

 

あなたがあなたらしく人生を重ねるお手伝いができたら嬉しいなと思っています。


そんな中、2019年11月15日の朝、目が覚めたら 

何かが変わっていた。


そっか、ただ毎日 無事に過ごせた事に

感謝して美味しく自然の恵みを食する事 

今日出会った人に 、今日も一緒にいてくれた人に感謝して1日を想い 

ぐっすりと眠る事 


その繰り返しが一番の豊かさと幸せなんだと。

 

2019年11月15日の 明け方、午前3時15分頃に、

大嘗祭の中心儀式「大嘗宮の儀」が終了したそうです。

 

新天皇が一代一度、執り行う祭祀 大嘗祭

大嘗祭とは、天皇陛下が一回だけおこなう祭祀

今年収穫された米や粟、海産物などを天照大神と神々に供えて拝礼し、

国と国民の安寧、五穀豊穣を祈る「御告文」(おつげぶみ)を読み上げたあと、

自らも米などを口に運ぶという


このお祭りが終わった時からいよいよ本格的に令和の時代が動きはじめたのです。 

 

幸せと豊かさの基本はシンプルで 

 

自然の恵みに感謝して

自然界に祈り 

今日も命がある事 

なんだとそう思います。


その基本をベースに 

それぞれが与えられた 

その命の舞台を生きているのだと。 

 

だから、まずは 
基本をしっかりと理解して 

 

そこからは自分にあった 

幸せや豊かさを手にしようよ。 

 

誰とも比べることのない 

自分を生きる生き方。 

 

これが、ここからの時代の 

豊かな幸せな生き方に 

繋がっていく 

第一歩だと、そう思います。 


そして、そのために

自然の恵みをお料理すること

自然のリズムを暮らしに取り入れることが

今、必要になってきているのだと・・


食べること、そして暮らすことが

まずは命の基本だから・・・・。


この未来が豊かで平安な暮らしで満ちた

時代になることを願って


お料理びと  mIe